ちょっとした思い


台風一過。暑い日になっている宮崎。夜中は眠れないだろうなと思ったけど、意外と静かで、目覚めたら朝だった。

台風が徐々に近づいていた週末。夫の従弟の結婚披露宴だった。この日の幸せが長く続いてほしいという思いがあって、ずっと使えるハンカチや手ぬぐいの祝儀袋を使うようにしている。“捨てる”というワードも、門出にはふさわしくないような気もするし。

それにしても自分の結婚式は遠い記憶だなぁと思う。が、気づけば息子はもう11歳になる。甥にいたっては今年16だ。近い将来はもう「新郎の母」「新郎の叔母」になるかもしれないのか…。楽しみすぎて待ちきれない♡